TOP > 研究部門 > 幾何学的構造解析研究部門

幾何学的構造解析研究部門

部門長:塩谷 隆 教授

様々な自然現象は幾何学と密接に関連している。本部門では、現代幾何学(微分幾何学と位相幾何学)を基盤として幾何学的な観点から材料科学を含む様々な分野への応用研究を行っている。離散的データを幾何学的図形へと変換して、その距離構造や位相的構造に注目してデータの本質を理解することや、付随する代数的構造を調べることでデータのある種の傾向を抽出するなどの手法により研究している。

位相的データ解析の研究

様々な数学分野を融合させた位相的データ解析理論を構築し、材料科学をはじめとする科学技術分野への応用を展開する。(平岡裕章 教授)

位相的データ解析の研究

量子ウォークの研究

コンピュータサイエンスで生まれた量子ウォークという対象を離散幾何解析的な対象として研究・展開し、フィードバックを目指す。 (楯辰哉 教授)

量子ウォークの研究